現代教養学部 現代教養学科
Faculty of Liberal Arts

皆川 満寿美

准教授
皆川 満寿美 / MINAGAWA Masumi
学生へのメッセージ
「自分自身を成長させるために、自覚的に4年間を過ごしてください(自省に基づきます)。日本社会は今、本当に大きく変わるかもしれない局面に来ていますので(変わらねばならない状況はかなり前から来ていました)。」
皆川満寿美
出身大学
東京都立大学人文学部 社会学専攻
最終学歴
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科 比較文化学専攻 博士課程 単位取得退学
取得学位
  • 1984年:社会学士
  • 1988年:文学修士
専門分野
  • 社会学
  • ジェンダー研究
主な担当科目
  • ジェンダー論
  • 現代社会論
  • ダイバーシティー論
所属学会
  • 日本社会学会
現在の研究テーマ
  • 日本のジェンダー平等政策としての男女共同参画政策、行政について。また、それを動かす政治家の活動についての研究
日本は、先進国だと自らを位置づけているかもしれませんが、先進国として当然の価値である男女平等(ジェンダー平等)の点では、先進国では最低レベル、世界的にみてもかなり低いレベルに位置しています。このような残念な状況がずっと続いているのはどうしてなのか、社会学の立場からアプローチしています。最近は、とくに、政府が策定する計画や、法律、そして、男女平等を実現しようと努力している政治家たちの活動を焦点としています。
主な教育・研究実績
  • 論文「東京医科大学 女性差別入試と女性労働」(「女性労働研究」第63号、pp.167-172、2019年)
  • 論文「『結婚や産む・産まないは個人の選択』が脅かされる─『少子化対策』はどう変容してきたか」(「女も男も」No.131、pp.16-21、2018年)
  • 論文「第2次安倍政権と女性関連政策」(「ジェンダー法研究」第4号、pp.147─155、2017年)
  • 論文「『結婚支援』と少子化対策ー露骨な人口増加政策はいかにして現れるか」(「文科省/高校「妊活」教材の嘘」第8章 p.191-214、論創社、2017年)
  • 論文「女性活躍推進法の成立ー『成長戦略』から『ポジティブ・アクション』へ」(「国際ジェンダー学会誌」vol.14 p.5-31、国際ジェンダー学会、2016年)
関連情報