法学部 法学科
Faculty of Law

川久保 文紀

教授
川久保 文紀 / KAWAKUBO Fuminori
学生へのメッセージ
大学は、何にも代え難い自由な4年間を過ごせることができる場所です。しかしながら、自由には責任も伴います。自分と向き合う時間を大切にして、有意義な学生生活を過ごして欲しいと思います。
法学部川久保先生
出身大学
中央大学 法学部 政治学科
最終学歴
中央大学大学院 法学研究科 政治学専攻 博士後期課程 単位取得退学
取得学位
  • 1996年:学士(法学)
  • 1998年:修士(法学)
  • 2005年:M.A.in Sociology
専門分野
  • 現代政治学
  • 国際関係論
  • 平和研究
  • 境界研究(ボーダースタディーズ)
主な担当科目
  • 平和学
  • 政治学原論
  • 基礎演習
  • テーマ演習
  • 専門演習
  • コース演習
所属学会
  • 日本政治学会
  • 日本国際政治学会
  • 日本平和学会
  • アメリカ学会
  • Association for Borderlands Studies(日本支部オフィサー)
  • International Studies Association
現在の研究テーマ
  • 境界研究(ボーダースタディーズ)の理論的枠組み
境界研究(ボーダースタディーズ)は、人文・社会科学系分野における新しい研究領域です。国境を含む境界(ボーダー)の在り方を、多面的に理解する方法論をもっています。国境といえば、すぐに領土問題やそれにかかる紛争などを想起してしまいますが、境界研究のアプローチを用いれば、それがいかに国際関係や国家が恣意的に再生産してきたものであるのかについて考えられるようになります。国境を含む境界は、静態的で固定的にとらえられがちですが、実はつねに引き直され、社会的に構築されるプロセスなのです。国境というハードな境界ばかりではなく、人間やアイデンティティにかかるソフトな境界までも視野に入れた境界研究の理論的枠組みに取り組んでいます。
  • トランプの壁と国境地域
昨年は、冷戦の二極対立構造を象徴したベルリンの壁の崩壊から30年を迎えた年でしたが、2001年のテロ以降、世界中で国境の壁は増加を辿る一方です。トランプ政権は、メキシコとの国境に長大な壁を建設することを政権公約の主要な柱として誕生しました。今年は新型コロナウィルスの影響にある中での米国大統領選挙の年にもあたり、いわゆるトランプの壁建設の是非も大きな争点となっています。トランプ大統領がメディアを巧妙に用いて移民・難民を「敵」として作り上げるポピュリズムの政治にはどのような意図や背景があるのか。国境を封鎖することなど本当に可能なのか。米国ばかりではなく、民主主義国家の多くがなぜ国境の壁を築こうとしているのか。こうした問いを考えながら、米国の国境というフィールド(現場)を中心に研究を続けています。
主な教育・研究実績
  • 事典(編集委員・分担執筆)『現代地政学事典』(丸善出版、2020年)
  • 科研費採択「国境の壁をめぐる国境産業複合体とガバナンス形成―米墨国境地域を事例として」科学研究費補助金基盤研究(C) 研究代表者(2020-2023年度)
  • 論文 “Privatizing Border Security: Emergence of the ‘Border-Industrial Complex’ and Its Implications,” (Public Voices:Journal of the Section on Historical, Artistic, and Reflective Expression of the American Society for Public Administration, Volume XⅦ Number 1, 2020<査読有>)
  • 論文「レイシズムと軍・法執行機関の融合化」『現代思想』青土社(2020年10月臨時増刊号)
  • 研究ノート「サンディエゴ・ティファナ国境地域におけるクロスボーダーガバナンス」『中央学院大学法学論叢』第34巻第1号(2020年)
関連情報