大学院
Graduate school

教員紹介

大学院の教員を紹介します。
特別研究指導教員
濵沖 典之(商学研究科長・会計学系列)
大驛 潤(経営学系列)
上池 あつ子(経営学系列)
清水 正博(会計学系列)  
関岡 保二(経営学系列)
高橋 律(経営学系列)
田口 和夫(会計学系列)
寺戸 節郎(会計学系列)
松本 芳男(経営学系列)
森元 晶文(経営学系列) 
専任教員増尾 賢一(会計学系列) 
科目担当教員
(非常勤講師)
坂本 秀夫(経営学系列) 担当科目:流通論特論I、II
椎名 市郎(会計学系列) 担当科目:財務会計論演習I、II
樋口 和彦(会計学系列) 担当科目:ファイナンス特論I、II
福地 幸文(経営学系列) 担当科目:保険論特論I、II
吉岡 正道(会計学系列) 担当科目:会計監査論特論I、II
濵沖典之
商学研究科長・会計学系列
税務会計論特論I・II、税務会計論習I・II、特別研究指導I・II
主として課税所得計算構造の考察を行います。法人課税所得計算構造及び個人課税所得計算構造の考察、またトライアングル体制での逆基準性、課税所得計算と消費課税計算構造との関係についても考察します。良い論文を作成するためには形式的な面と実質的な面を整える必要があります。また論文は論理的でなければなりません。特別研究指導では税務会計研究に関するレポート作成から論文作成までの指導をします。
 
大驛潤先生
経営学系列
マーケティング論特論Ⅰ・Ⅱ マーケティング論演習Ⅰ・Ⅱ 特別研究指導Ⅰ・Ⅱ
マーケティングは、商学の中心的な科目であるとともに、企業経営における重要な領域となっている。企業経営における生産、開発、販売あるいは人事、財務、会計等全社活動が市場(顧客)中心でなければならず、そのためにはマーケティングの考え方やスキルが必要となるからである。マーケティング思考によって、価値創造と価値提供シークエンスが可能となる。
 
上池あつ子先生
経営学系列
国際経営論特論Ⅰ・Ⅱ 国際経営論演習Ⅰ・Ⅱ
グローバリゼーションは進展しているものの、完全な世界経済の統合には程遠く、セミグローバリゼーションの状態にある。多国籍企業は、国・地域の多様性に直面しており、その多様性を意識しながら経営を行わなければならない。本講義では、多国籍企業と国際経営戦略を中心に、国際経営に関する経営理論を中心に学び、セミグローバリゼーションにおける国際経営戦略を考える知力を身に付け、特に、アジアや新興国・地域における国際経営戦略のあり方について検討・考察する。
清水正博
会計学系列
ビジネス・ロー特論Ⅰ・Ⅱ、 ビジネス・ロー演習Ⅰ・Ⅱ 、特別研究指導Ⅰ・Ⅱ
主としてビジネスに関する様々な法律を対象に研究を行っていきます。具体的には会社法や商法を中心に、実際の企業取引、ビジネスの現場で必要となる法規制や、企業会計法、情報法などについても取り扱い、総合的、複合的な視点をもちながら、法的問題点の把握、問題解決のために必要となる知識を身につけ、専門職業人としての知見を十分に示すことができるように研究指導を行っていきます。
ビジネス・ローという側面で、企業におけるCEO(最高経営責任者)、CFO(最高財務責任者)、CIO(最高情報責任者)等に求められる知見についても取り扱っていきたいと思います。
関岡保二
経営学系列
経営組織論特論I・II、経営組織論演習I・II、特別研究指導I・II
現代社会の特徴の一つは組織化にあり、この点から経営組織の研究は重要な意味を持つ。経営組織論特論I・IIでは、リーダーシップや組織文化などの基本的テーマと、古典的組織論からコンティンジェンシー理論までの主要な経営組織論を学ぶ。経営組織論演習では、進化モデルや箱モデル、知識創造モデルその他の最新の経営組織論を学ぶ。特別研究指導では、研究テーマの設定文献収集および論文の構成などを修士論文を作成するために必要な事柄についての指導を行う。
高橋律
経営学系列
経営情報論特論I・II、経営情報論I・II、特別研究指導I・II
企業経営について、グローバルな経済・産業社会の論理的検証と専門的実証研究を基盤として指導を行います。実践的研究としては、ネットワーク敷設やネットワークシステム構築に関する実際的なスキルアップについて、実習形式の学習機会を提供します。さらに、 平成21年から大幅に内容が刷新された情報処理推進機構主催の情報処理技術者試験についても高度な資格取得を実現できるよう、その指導に当たります。
田口和夫
会計学系列
租税法特論I・II、租税法演習I・II、特別研究指導I・II
特論I及びIIでは、複雑多岐にわたる租税法規について、 教科書に即して、①租税法の基本原則、②租税実体法のう ち所得税法及び法人税法の基本的仕組を学ぶ。演習においては、判例を材料に、実生活における上記①及び②の適用・発現態様を研究し、これについて更に理解を深める。また、特別指導では、修士論文のテーマの設定・研究方法等から文 章の構成内容等、実際の書き方まで個別論文に即して指導する。
寺戸節郎
会計学系列
管理会計論特論I・II、管理会計論演習I・II、 特別研究指導I・II
経営管理のための会計情報を組織内部の各階層の経営管理者に提供する管理会計は、どのような情報を提供し、意思決定や業績管理にどう役立てるべきか、また実際にはどのような情報がどう役立てられているのかを、理論的、実証的に研究する。そのために管理会計の理論的基礎をしっかり理解するとともに、研究を通じて現実の経済社会において問題を発見し、自分で考え、解決する能力を養ってほしい。
松本芳男
経営学系列
現代企業管理特論I・II、現代企業管理演習I・II、特別研究指録I・II
現代社会は企業中心社会であり、企業経営の在り方がわれわれ個々人の生き方や国の経済の在り方を大きく規定している。日本企業は、地球環境問題、グロバリゼーション、情報通信技術の発展、企業倫理・CSRなど世界共通の課題に加え、 急速な少子高齢化という固有の問題も抱えている。こうした状況の中で企業経営の健全化・効率化を推進するための基礎知識とさまざまな課題や方策について、受講生とともに議論 し、理解を深めてゆきたい。
森本昌文先生
経営学系列
国際経済論特論Ⅰ・Ⅱ、国際経済論演習Ⅰ・Ⅱ、特別研究指導Ⅰ・Ⅱ、外国文献研究Ⅰ・Ⅱ(英語)
グローバル化が加速する現代世界において進展する生産と資本の国際化・世界化は、国民国家を出発点とする国際経済学の伝統的な分析枠組みだけでなく、世界経済そのものを分析対象とする研究アプローチの重要性を高めている。特論I・IIでは、I・ウォラースタインの世界システム論を軸に、資本主義経済の歴史的転換と構造変化の検討を通じて研究の基礎となる理論的基盤の修得を目指す。演習I・IIでは、世界システムにおける国民経済の位置付けや国際分業ネットワークの回路としての貿易、国際投資、国際労働力移動、そして国際通貨の働きを考察していく。
増尾 賢一
会計学系列
財務会計論特論Ⅰ・Ⅱ
証券市場の視点から、投資家等外部利害関係者報告会計である財務会計を理論的、制度的、実態的に研究する。具体的には、日本の証券市場と企業財務の特質、企業財務と財務会計の意義・目的・機能・構造、欧米の証券市場と国際財務報告基準、国際財務報告基準の意義・目的・機能・構造、財務会計の課題と展望等について考察する。各論点を総合的に考察することにより、本質に迫り、そこからoriginalityが生まれる研究方法を指導していきたい。