学校法人中央学院
    School corporation Chuo Gakuin

      教育環境整備事業募金

      中央学院大学中央高等学校 趣意書

      中央学院大学中央高等学校の教育環境整備に係るご支援のお願い

      中央学院大学中央高等学校は、明治33(1900)年日本橋簡易商業夜学校として開校し、明治35(1902)年に中央商業学校となり、この間、日本の経済人を育成するための商業教育を中心に教育活動を実施してまいりました。

      そして、令和2(2020)年度には、日本橋簡易商業夜学校開校(1900年)から数えて120年を迎えました。これも偏に、世紀を超えて支えてくださった皆々様の物心両面にわたるご支援の賜物と深く感謝を申し上げます。

      平成10(1998)年には、現在の中央学院大学中央高等学校に校名を変更いたしました。新たな教育環境充実のため、発祥の地である中央区新川から平成13(2001)年に江東区亀戸に移転し、地域の期待も担い教育活動を展開しております。

      現在では、商業科と普通科の構成で日々の教育活動やクラブ活動も活況を呈しております。また、本校移転時より悲願であった新校舎が平成25(2013)年12月に竣工し、新たなる環境の中で生徒は日々勉学に励んでおります。

      令和7(2025)年10月、本学開校125周年を迎えるにあたり、変革期の時代に向かい教育環境の実現を図るとともに、運動系・文化系クラブの活動を継続的に支援し、人材の育成強化を一層進めていきたいと考えております。また、新型コロナ禍でも学びを止めない高度情報化社会に対応するため、情報通信技術を活用した教育環境を現状以上に整えてまいります。

      つきましては、新型コロナ不況の厳しい経済情勢下ではありますが、本校の財政基盤の安定化と教育の充実が図られるよう、保護者、PTA、卒業生及び教職員をはじめ関係各位に対し、募金をお願いしております。募金の趣旨にご理解とご賛同を頂き、格別のご支援・ご協力を賜りますよう切にお願いを申し上げます。
       
      令和4年4月吉日
      学校法人中央学院 理事長 椎名 市郎
      中央学院大学中央高等学校 校長 大橋 治久